「 a lot of every day 」

どんな日も 半分は 自分のために

どんな日も 半分は みんなのために

それが やさしい日の はじまり はじまり。

 

「 望遠鏡があったらね 」

高台にのぼり

100円をいれて のぞいた望遠鏡

それは

いつもの景色が

いつもより 100円分

特別にみえた 瞬間でした。

 

「 カラー 」

まじわらない いろはない

そう

きっと ひとも おなじ。

 

「 one’s 」

わたしは みんなの 陰になろう。

 

「 HOW to RIS 」

わらっている あなたをみていたら

思わず一緒に

わらいたくなりました。

 

「 数ある道理 」

遠すぎて

押してあげれぬ ブランコも

届く手で なく

届く声なら 揺れるでしょ。

 

「 ココロに花を 」

そこにいてもいいよ

じゃなくて

そこにいるだけでうれしいよ

そういう人生に あこがれました。

 

「 余韻 」

そのままで。